Live Simply

頭の中の独り言

幻に夢を見る

今週のお題「夏うた」

 

平成生まれ(初期)だけど、やっぱり夏うたと言ったら

  • 夏祭り
  • secret base

かなぁ。

 

祖父が果樹園をやってたから小学生の夏休みはほぼ毎日行ってた思い出。もちろん従兄妹たちも来ていて、午前中はみんなで宿題タイムで、午後は外で遊びまくるってのが日課だった。

で、お昼終わって休んでる時に、夏休みスペシャルの昼ドラを従兄妹みんなで見るのが日課だったんだよね。

 

上の曲は、その時の昼ドラの主題歌だったから夏休み中は毎日聞いてて、しかもかなりのヒット曲だったし、その曲とあの頃の思い出がリンクしてる。

夏休みって小学生のときが一番楽しかったなぁ。

でも、もうあの楽しかった頃には一生戻れないって思うと時間って残酷だよね。

生きてる限りずっと前へ前へ押し出されて、後ろ向いてももう残像しか残ってない。

それが生きることだからって言わても、どうしようもなく虚しくなるだけの私はやっぱり人間向いてないなぁ。

 

 日常だったはずなのに、いつのまにかそれは幻になっているんだもの。

毎日を大切に過ごしたいはずなのに、どうしても消費しちゃうし、でまた後悔に埋もれて息できなくなるんだよなぁ。

生きるって忘れることが大事なんだと、このお題について書いてて気が付いた。

あれ、お題の趣旨と大分ちがうところへ来ちゃった。