Live Simply

台湾について、雑談やら色々なことを友達に長文メールを送る感じでだらだら書いてます。

4年日本を離れていて変わったこと

f:id:amyinTW:20170706041709p:plain


4年ほどその土地を離れているとたくさん変わりますよね、あたらしい建物がたっていたりレストランができていたり。
でもそこにいる人からするとあんまり大きな変化と感じることがなく、すぐに日常の一部に溶け込んでしまいますよね。

今回は日本を離れて4年間(2012-2016)でなにが日本で変わったのか個人的に感じた事をお話していきたいとおもいます。

テレビタレントが入れ替わる周期の速さ

まずは坂上さんなんて知らなかった…ときどき子役でテレビでてるくらいだったのに帰って来たらお昼の番組もっていて、なんでこの人売れてるの?とただただ疑問に思ったなぁ。

そしてローラ。私がアメリカへ飛び立つ前はちょこちょこ出てるくらいで、よくあっちで日本の番組を見ると何処にでも出ていたのに…
帰国して日本のテレビを見るようになったら、あんまり見なくなっていたーーー!

あと知らない芸人さんがいたり、いなかったり。

そして、渡米する前はまったく知らなかった女優さんがどのドラマにも映画にも出ていたり。

ベッキーが不倫して、いなくなったり。

本当にテレビ業界、芸能界回転がすごくて芸能人をやっている方々も日々サバイバルなんだなぁと思います。

 

YouTuberとYouTuber事務所

在米中は本当によくYouTubeにはお世話になりました。
若干の日本語が恋しくなった時は、本当に心の拠り所でした。
ちなみに、瀬戸弘司さんに何度助けられたことか…
瀬戸弘司のお家の日差しをみて、あー日本は今こんな季節かーと思いを馳せましたw

日差しって本当に国それぞれで違うんですよ。
日本のぽわーんとした日差し、世界で一番大好きです。

まぁその話は置いておいて、私がよくみていたのは有名どころ同士がまだコラボなどたくさん行なっていた時期でした。
気づいたら事務所やら色々複雑になって来て、提供やらいろいろとビジネス色が強くなっていましたね。
テレビなんかでもYouTuber!とかいろいろと大々的なCMや広告も打ってたらしいですねー。
動画ビジネスが確立された4年間だったのかなぁと思います。

 

民主主義ってなんだ?これだ!

学生運動がすごく盛んになった4年間ではないでしょうか?
私は主にツイッターYouTubeでデモの光景を見たのですが、たくさんの若者が列をなしてラップで民衆に訴える光景に、どうなってるんだ!?と驚きました。
あのフレーズが忘れられない。民主主義ってなんだ?これだ!っていうフレーズ
彼らの主張に関しては別に置いておいて、あれだけのパワーがあるって羨ましいですなぁと思いましたね。

彼らの話題性のおかげで、若者世代でも少し政治や日本に関する話をする程度になったと思います。
国民・若者が政治に関心を少しでも持った4年間でしたね。

 

コンビニのコーヒー

何処にいっても美味しいコーヒーを街中でゲットできる時代になっていた!
しか100円!
おすすめはローソンです。
カフェイン大好き人間としては、本当にありがとうとコンビニ業界にコーヒー旋風を起こした方に言いたい。
スタバで馬鹿高いアイスコーヒーを買わずに済む!
アイスコーヒーは作るのがめんどくさいので、外で買いがちです。

 

おわり

たかが4年、されど4年。
日々日々、人の考え方も動き方も興味もわずかだろうけど変わっていってるのだなぁと気づきました。
皆さんは4年前は何をしていましたか?
ふっと思い出して自分がその4年間でどう変わったか、はてまた、変わっていないのか…
色々を自分の歴史を顧みる時間も案外面白いし、暇つぶしになるので是非〜

読み返してみると、ろくなことを書いてない!笑