Live Simply

台湾について、雑談やら色々なことを友達に長文メールを送る感じでだらだら書いてます。

アメリカ留学で感じた【日本/韓国/台湾】学生の違いと国際カップル。

f:id:amyinTW:20170605190648j:plain

今回は、アメリカ留学をしているときに私が感じた東アジア圏の学生の違いを書いていこうと思います。

語学学校では、主に日本・韓国・台湾の子たちが中心だったのですが、やはり色々な特色があって観察していておもしろかったです。まったく違う文化があったり、はたまた同じような文化があったり。

皆でホームパーティ(というか飲み会)をすると異文化交流ができた大笑いした思い出がります。うーん、あの時は留学中の中で一番楽しい時期だったなぁ。

学生といっても、若い人もいれば大人な年代の人もいるのでざっくりとまとめていきます。

*私の独断と偏見のお話になりますので、悪しからず!

§ 目次 §

 

日本人学生

  • とにかく真面目。宿題もきっちり守ります。
  • 英語の上達のために、異文化交流がんばる。英語しゃべる環境作りを大事にする。
  • 素面の時は、とにかく意識の高い会話をしている。(将来うんだら~
  • 酔うと、話題が急にエロくなる。下ネタがすき。
  • 和を乱さす、場を盛り上げます。
  • 男性も女性も他のアジア人からモテる。つねに周りに他国(東アジア)の異性いる。
  • 年齢上の人はちゃんと若い子の面倒や相談に乗ってくれる。
  • 服装で日本人とわかる。

韓国人学生

  • 韓国人中心で集まりがち。
  • スニーカーがいつも奇抜な色。(蛍光色
  • 英語が上手。頭良い人が比較的多い。
  • 女の子が下ネタなど異性間にとてもシビア。純粋。
  • 女の子の面倒見がすごく良い。とにかく困ってると助けてくれる。
  • 他の東アジア圏の学生に比べ、問題児の割合が多め。
  • まれに顔面まっしろで、唇が赤い、wanna be 韓国アイドル男子がいる。(びっくりする)

台湾人学生

  • 他の東アジア圏とは違うラフな雰囲気。南国人。
  • とにかく群れる。同じ国の人間は家族!
  • カップルができやすい。そして長続き。
  • どちらか言うと、ノリがアメリカとかそっち系。
  • 野球よりもサッカーよりも、バスケ!!
  • 女子は買い物大好き。
  • 英語レベルは幅が広い。(できる人はできる、できない人は全く)
  • 割と真面目な学生が多い。
  • いろんな学校の友達がいる。(台湾人コミュニティー)
  • 日本人の下ネタで爆笑する。

日本人と韓国人の似ているところ

やっぱりお隣さんの国。色々と似てる、ところが多いな、と感じる機会がありました。

年上の方には、礼儀正しく。でも韓国のほうが厳しい気がするなー。

あと外見について。とにかく韓国では外見がものをいう、とある韓国人女性が言っていた…。割とネットニュースなどで見るから、驚かなかったですけど。

日本も割と外見が大事ですよねぇ。そう感じることが多い笑

台湾人はあんまり気にしてない気がする。整形大国らしいだけど。たぶん外見に対するとらえ方の問題かなぁ。韓国日本ほどシビアではないのが確か。

韓国人と台湾人が似てるところ

これはFacebookのお話になるんだけど、とにかく両国共自撮り写真をよく載せる。

もうどんだけ自分が好きなんだ!!ってくらいに笑

日本人はあんまり載せる人いない気がします。台湾・韓国に比べてですけど。

とにかく自分好き、自分に自信があるっていう人が多いな。

あとは文化的に自己主張がつよいですね、彼らは。日本人がシャイすぎるっていうのはよく言われます。もっと自分の意見を言わないでどうするの!?って。

故に、自分は正しいっと俺正義!っていう人が大半なので、話がこじれるとめんどくさいイメージ。

 国際カップル率

 語学学校では、必ずと言っていいほど国際カップルがいます。

では、日本韓国台湾の中でどの国とどの国とのカップルができやすいのでしょうか…。

こちらも私の経験上のお話になりますので、悪しからず!

第一位

答えは、日本♡韓国カップルです。

前でも話した通り、やはり文化などが似ている点意気投合しやすいのでしょうか。それともあまり同じ国の者同士と付き合うのと違いがないのかもしれません。

私の環境では日本人男性が多かったので、日本男性♡韓国女性のカップルが4つほどいたような気がします。韓国女性が割とグイグイと迫ってくるイメージ。

残念ながら、帰国後はやはり別れてしまうケースが圧倒的に多いですね。

第二位 

台湾♡台湾カップルです。

台湾人コミュニティーは皆で同じマンションに住んだり、とにかく同じ国同士の輪が半端ないです。なので、カップルが成立するのはごく自然なことだと思います。

台湾は異性の接し方が同性とあまり変わらず、男女共々ワイワイやっていける人が多いですね。

レアカップル。

日本♡台湾と韓国♡台湾カップルですね。

時々カップル成立する…っていう感じ。まぁ男女比にもよると思うのですが。

台湾人が同郷の人といることのほうが圧倒的に多いので、そこらへんがネックだと思います。

そして、やはりそもそもの気質が違うので摩擦が起きやすいと思います。

私も、最初はかなりイライラすることが多かった思い出があります。

 有名なお話ですが、台湾の女の子はプリンセス症候群といって男性が優しくエスコートするのが普通。日本韓国の男性陣は、女性がなんでもやってあげるという要素のほうが多い気がするので、台湾人の女性は扱いづらいかもしれませんね。

台湾カップルのおうちに行くと男性がいつもお皿洗いをしてます。なんで?って聞くと、彼女の手を荒れさせないためだそうです!!優しすぎる。

国際カップルが別れてしまう理由

たくさんの国際カップルを目にしてきた私ですが、ほぼ別れてしまったというのが現状です。

理由としては、やはり近い国とは言え外国なので、仕事を始めてしまうと会えないっということらしいです。やはり遠距離は、つらいことがたくさんでどうしても仕事を始めると余裕がなくなってしまい、残念な結果になってしまう事が多いようです。

おわり

やはり気候っていうのは、人の性質に多大なる影響を及ぼしていると思わずにはいられない!

今回は、私の経験上だけのお話をしているので参考にはならないかもしれませんが、もし分かるーという方は経験談を聞いてみたいです笑

 Thanks for reading!