Live Simply

台湾について、雑談やら色々なことを友達に長文メールを送る感じでだらだら書いてます。

魔法と筋肉

日本に帰国して早数ヶ月が経った。とにかく、ストレスがマンモスで、ストレス解消法を模索している。

私はストレスを感じた時、とりあえず他の世界に浸かることをする。アニメをみたり、ドラマをみたり、読書したり。一時的ではあるが、現実から離れられる。

今回は、最近みたアニメのことを話そうと思う。

私はあまり、ギャグ系で流行っている(いた)アニメを敬遠しがりだが、なぜかひと際目に付くアニメがあった。

 

(ネタバレあるよ)

 

それは魔法少女 俺

Netflixで(なぜか)お勧めに出てきていて、いつもならスルーする私なのだが、もうストレスでとにかく変な(失礼)ものを脳内に投下したかった。

最初は普通の高校生の女の子が出ていたのに、気づいたらその女の子はガチムチになっていた。一体この世界に何かが起こったのだ。

ガチムチの男性が、かわいい衣装を着てその可愛いおべべを血に染めながら、かわいい顔と声のなぜか身体だけガチムチの変異してしまったであろうモンスターを倒していく。

そのチグハグな世界観であるのにストーリはちゃんとしているこの作品は、私の想像以上に私を引き込んだ。

最初は主人公の女の子が、筋肉ムキムキマンに変身した。そして、相方の女の子もガチムチ勢になった(私は変身時桜世ちゃんが一番タイプである)。もちろん、中盤から出てくる売れっ子アイドルコンビも、ガチムチへ。

 私は同性愛ジャンルに興味はないが、この作品はもう一石二鳥、そんな感じだ。そこまで掘り下げないので、私みたいな初心者でも抵抗なく見れると思う。

そう筋肉と魔法少女をこれほどまで違和感なく仕上げられたこの世界は、完璧で美しかった。

 

作者やアニメに携わった方々に新しいチャレンジと成功に、拍手を送りたい。

とても笑った。笑える作品は、素晴らしい。ありがとう、関係ないけど私も筋肉をつけようと思う。

筋肉は、鍛え上げられた人体は、美しい。